何度訪れても美しい。まだ知らない北陸がそこにある。 何度訪れても美しい。まだ知らない北陸がそこにある。

日本の美は、北陸にあり。 日本の美は、北陸にあり。

春のポスター掲載スポットへでかけよう! 春のポスター掲載スポットへでかけよう!

JR西日本エリアや首都圏の主な駅・旅行会社店舗で掲出されている北陸のポスター掲載スポット情報を
ご紹介します。この春の季節にぴったりな掲載スポットへおでかけしてみませんか?

富山県富山県

立山黒部アルペンルート雪の大谷

立山黒部アルペンルート雪の大谷

標高2,450m、空の真下にあらわれる巨大な雪のトンネル。

世界有数の豪雪地帯にある大谷。ブルドーザーで掘り下げ、多い年では高さ20mに迫る圧巻の雪の壁を約500mにわたり間近で散策できるのが魅力です。

詳しく見る

おすすめスポット

あさひ舟川 「春の四重奏」

あさひ舟川 「春の四重奏」

朝日岳や白馬岳などの北アルプスを背に、桜とチューリップ、菜の花が咲き競い、春爛漫の華やかな光景が広がります。舟川沿いに約280本のソメイヨシノが植えられたのは昭和32年(1957)のこと。地域住民の手で長年大切に管理され、大木の桜トンネルだけでも見応え十分。
うららかな春の日差しの中、一面に広がる花のキャンバスを見られるのは4月上旬~下旬。見頃に合わせてかがり火を焚き、幻想的な夜桜を楽しむ催しも行われます。JR黒部宇奈月温泉駅から事前予約で直通乗合タクシーを運行しておりアクセスも便利。長い冬を経て迎えた待望の春、チューリップを県花とする富山でしか出会えない絶景です。

  • 0765-83-2780(朝日町観光協会)
  • 富山県朝日町舟川新
  • 見学自由
  • JR黒部宇奈月温泉駅から四重奏エリア直通「あさひまちエクスプレス」(片道800円、要事前予約、☎0765-82-1171)で約15分/あいの風とやま鉄道泊駅から臨時バス(4月4日(木)~15日(月)運行、1日乗り放題400円、9:00~16:00、30分間隔)で約10分

詳しく見る

石川県石川県

山中温泉 鶴仙渓

山中温泉 鶴仙渓

渓谷そのものを活け花に見立てる、という発想の橋。

山中温泉に沿って流れる大聖寺川の渓谷にある鶴仙渓。4月〜10月は川床も設置、下から眺める独特なデザインのあやとり橋と自然の融合は幻想的です。

詳しく見る

おすすめスポット

金沢城・兼六園 ライトアップ

金沢城・兼六園 ライトアップ

園内にある約200本のソメイヨシノの開花に合わせて実施。日没からライトアップが行われ、桜とともに金沢城石川門が光の中に浮かび上がります。また、ゴールデンウィークや金沢百万石まつりの時期にも開催します。園内の池で行う舟上演奏などのイベントや、各期間の開園時間などの詳細は、石川県観光ホームページ「ほっと石川旅ねっと」でご確認ください。

4月上旬頃(1週間程度)※開花宣言後に実施 4/26(金)~5/5(日・祝)、5/31(金)~6/2(日)

  • 076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
  • JR金沢駅から兼六園シャトル約18分、兼六園下・金沢城下車、徒歩約4分

詳しく見る

福井県福井県

東尋坊

東尋坊

1000万年以上、波と風が作り続ける未完のオブジェ。

世界三大奇勝のひとつで、夕日に染まる海と奇岩は時間も忘れる美しさです。近くにはレトロな町並みの三国湊や「関西の奥座敷」あわら温泉などの名所も。

詳しく見る

おすすめスポット

丸岡城

丸岡城

戦国時代の天正4年(1576)、一向一揆の備えとして、織田信長の命により柴田勝家が甥・柴田勝豊に築かせた城です。現存天守の中でも最も古いとされ、国の重要文化財に指定されています。天守は2層3階で、全国でも珍しい石瓦葺き。日本100名城のひとつで、桜の名所としても有名です。

  • 0776-66-0303
  • 福井県坂井市丸岡町霞町1-59
  • JR芦原温泉駅から京福バス芦原丸岡永平寺線で約20分、丸岡城下車すぐ
  • 8:30~17:00(入城は~16:30)
  • 無休
  • 450円

詳しく見る

あわら温泉宿泊者に便利なバス!
あわら温泉・永平寺・丸岡城直行バス

あわら温泉から、永平寺・丸岡城へ乗り換えなしで行けるバスです。
また、えちぜん鉄道・永平寺口駅での乗り換えで恐竜博物館や平泉寺などの勝山方面へのアクセスも便利です。

詳しく見る

おすすめ情報 おすすめ情報